大きな目が印象的な二重まぶたになりたい|すぐになれる理想の目元

レディー
`

埋没法と全切開法

フェイス

手術別にみる注意点

二重形成の美容整形をするにあたっては、手術ごとのメリットとデメリットをよく知っておく必要があります。メリットばかりに気を取られて手術をすると、やったあとに後悔することがあるので注意が必要です。髪の毛よりも細い糸を使用して行う「埋没法」は、わずかな施術時間で見た目をガラリと変えることができる人気の二重形成術です。メスを用いない、ダウンタイムが短い、気に入らなければ元に戻せる、料金が安いなどのメリットがあります。逆に糸だけで手術をするので元に戻りやすいというデメリットがあります。特に瞼の脂肪が多いと、糸だけで二重を作るのには限界があります。また、瞼を擦る癖がある人も元に戻りやすい傾向があります。元に戻らない方法で手術をしたいなら「全切開法」があります。皮膚にメスを入れる整形手術なのでくっきりした二重になります。逆に万が一仕上がり具合が満足いかない結果になっても、元に戻すことは不可能です。さらに、埋没法よりも手術料金が高い、ダウンタイムが長いというデメリットもあります。

美容整形は自由診療なので、各美容クリニックごとに手術料金の設定にばらつきがあります。二重形成の美容整形にしても、1万円前後で出来るクリニックもあれば、10万円近くするクリニックもあります。料金が安いか高いかだけでクリニックを選ぶのは非常に危険で、リスクが高くなります。また、ネットの口コミをそのまま信じるのも危険です。料金や口コミよりも、クリニックの信頼度、医師の腕、センスなどで選ぶのが手術成功の秘訣です。医師との相性を見るためにも大事なのがカウンセリングです。カウンセリングのときに手術に対する不安な点や、わからない点などが聞けます。そのときの対応によってだいたいの医師の信頼度が分かります。二重の形成手術は目元をいじる手術なので、特にカウンセリングを入念にする必要があります。自分がなりたい二重瞼についてしっかり伝えて、医師と意見を共有することで手術が受けられます。短時間でぱぱっとカウンセリングを終わらせたり、必要以上に高額な手術を勧めてくる医師には注意が必要です。